スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れのクスクス

2010.02.10 *Wed
ゼラーラ集落のハビブおじさん宅でお昼ご飯に招かれました。
ここは以前、お友達のイーメンさんが滞在したお宅です。

出てきたお料理は、トウモロコシの粉を使ったクスクスです。
普通は金曜日に食べるクスクス、今日は私の帰国前ということで、弟嫁のラシダさんが特別に腕を振るってくれました。

トウモロコシの粉を使っているだけあって、小麦から作るクスクスよりも黄色っぽくて、すこしねっとりしています。

「どんどん食べて!」

みんなに言われながら、スプーンを口に運んでいると、隣でハビブおじさんがクスクスに「アゴー」をかけはじめました。

アゴーというのはベルベル語で牛乳のこと、それも搾った牛の乳を攪拌して、バターになる脂肪分を取り除いた後の液体なので、酸っぱい飲むヨーグルトのような味がします。

熱々のクスクスに冷たいアゴー・・・。

日本人的に、本来これはありえません。

とはいえ、以前は美味しくないと思いつつ無理に食べていたのが、最近は慣れもあるのでしょう、それほど気になりません。それに形容しがたい味ではあるのですが、トウモロコシの粉とアゴーはわりと相性がいいようです。


大人8人、子ども3人で囲むクスクスのお昼ごはん。
大皿にてんこ盛りになっていたのが、あっという間になくなりました。

100210 020
ハビブおじさんが、私の陣地にもアゴーをかけてくれました。


一言メモ:

クスクスは、この地域のベルベル語で「ターン」、「シキスー」などと呼ばれ、トウモロコシの粉で作ったクスクスは特に「アボルボン」と呼ばれています。

春の兆し

2010.02.09 *Tue
まだ風は冷たいけれど、青空に向かって咲き始めたアーモンドの花

100210 011

マガマン集落に春の訪れが。

桜に良く似たこの花。

グリス川に近い、広大な畑の一角にアーモンドの木が沢山植わっているところがあり、この時期はちょっとした花見ができます。もちろん木の下にゴザを敷いて一杯、なんていう村人はいませんので、あくまでひっそりとアーモンドの花を愛でる、ということになります。

ちなみに、ウルウイ村の奥にあるアメラゴ、アッスールも有名なアーモンドの里です。
お時間があれば、渓谷に沿って咲いている可憐な姿をぜひ見にいって下さい。

この地域の見頃は2月中旬です。

ねこからの指摘

2010.02.07 *Sun
「そのお茶、ちょっと砂糖入れすぎてやしませんか?」

100207 018
    ↑
村のどの家庭でもおなじみ
棒砂糖を砕いて入れてあるタッパー

プロフィール

カリマ

Author:カリマ
出身地:山口県
血液型:A
動物占い:チーター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



カテゴリ

今日の村ニュース (45)
ホームステイ フォトギャラリー (27)
『うるねこ』 ~うるうい村のねこライフ~ (41)
モロッコ旅日記 (29)
ベルベル人がよくする100の質問 (35)
教えてMorocco (12)
お知らせ (13)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード



Copyright © うるういむらだより All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。