スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには羊の気持ちになって

2010.01.18 *Mon
お昼時、アルケイヤの家にいくと、食卓に不思議なものが。

「この時期、みんな食べてるんだよ」
と言われ、お皿に盛った緑の物体を良く見ると、ウマゴヤシでした。


100118 012

ウマゴヤシは家畜だけが食べるもの、と思ったら大間違い。
別名アルファルファというこの草。
毎朝毎夕、女性達が畑でこの草を刈り取る姿を見かけます。
大半は家畜のえさになるのですが、実は人間達も食べるのです。

以前、草刈りの手伝いをしたとき、女性達と一緒にウマゴヤシの先だけ摘み取って、唐辛子の砕いたものと塩を振りかけてじかに食べたことがありますが、若干青臭くてモサモサした食感でした。

今日のアルケイヤのうちの昼ごはんは、ウマゴヤシをクスクス作るのと同じように蒸かし、トマト、タマネギ、ピーマン、オリーブ、香辛料を加えた「シュナダルフサ」という料理。油はもちろんこの冬収穫したばかりのオリーブオイルで、お肉は入れません。タジンを食べるように、ちぎったパンと一緒に頂きます。お味のほうは、とても素朴で体に優しい気がしました。

そのほかに、
「イフルーズン」というウマゴヤシを細かく切って、クスクスと一緒に蒸しただけの料理もこの時期良く見かけます。
ウマゴヤシには体を温める作用があるらしく、冬限定の村らしい食べ物と言えるかもしれません。
モロッコの定番スープ、「ハリラ」にもウマゴヤシを入れて夜飲むと、体がほかほかして良く眠れるとか。

イフルーズン1
イフルーズン

また、日本の春の七草粥の思わせるのが「スバーホダイヤ」。
先週水曜日は農業暦で1年の最初の日。村人達は、畑で取れる7種類の野菜をクスクスと一緒に蒸して食べました。お粥ではないけれど、日本と同じく7種類の草、というのになんとも親近感を覚えます。


スポンサーサイト

プロフィール

カリマ

Author:カリマ
出身地:山口県
血液型:A
動物占い:チーター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



カテゴリ

今日の村ニュース (45)
ホームステイ フォトギャラリー (27)
『うるねこ』 ~うるうい村のねこライフ~ (41)
モロッコ旅日記 (29)
ベルベル人がよくする100の質問 (35)
教えてMorocco (12)
お知らせ (13)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード



Copyright © うるういむらだより All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。