スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生のスタディーツアー10名 1泊2日

2009.11.02 *Mon

日本から初スタディーツアーの受け入れ

明治学院大学の学生さん達の一行がウルウイ村にやってきました!
国際関係学部の准教授、半澤先生とそのゼミの学生さんたち計10名。(男性3名、女性7名)
それにモロッコ人の通訳ガイド、ファテマさんを含めて村にホームステイをしていただきました。

091102 004  091102 007

3家庭に分かれてステイした皆さん、夕方到着すると同時におやつが出され、夜寝る前にはメインディッシュ、朝はボリュームたっぷりの窯焼きパンで、とにかく食べさせられることしきり。
村ならではの「食でおもてなし」を体験。

おもてなしに欠かせないお茶もたっぷり出ました。
「村のお茶がとってもおいしい」とおっしゃっていた学生さん。モロッコといえば「ミントティー」を連想しがちかもしれませんが、(この時期の)ウルウイ村のお茶にはミントは入っていないんです。体を冷やすから、と村人達は夏場以外ミントティーはあまり飲まないんです。単にお茶っぱと砂糖が入っているだけの甘いお茶だったのに・・・。おいしさの秘密はきっと、お茶を入れたホストマザーの優しい気持ちがブレンドされていたからかも?

091102 009

子ども達と鬼ごっこをしたり、指差し会話帳で女性達と盛り上がったり、通りかかったロバに乗せてもらったり、畑仕事をしている男性達になぜかドイツ人に間違えられたり、新鮮な驚きも沢山あったと思いますが、みんなそれぞれ楽しんでくださったようです。


日本の若い力に触れる

滞在中、女性達の活動するマガマンのアソシエーションも視察しました。
国際関係のゼミに所属しているだけあって、学生さん達はみんな勉強熱心。それぞれの視点から鋭い質問を投げかけてきました。村人が答え、ファテマさんが通訳した内容を、ノートにしっかりメモする姿がとても印象的でした。

091101 028 091101 023  091101 027

『国際協力』『ボランティア活動』『モロッコ人』・・・
今回のスタディーツアーでどんな思いを持たれたでしょうか。
村で経験したことが、少しでも皆さんの今後の人生の糧となりますように。

091101 037
アソシエーションの前で記念撮影

皆さん、ご来村ありがとうございました。

スポンサーサイト

プロフィール

カリマ

Author:カリマ
出身地:山口県
血液型:A
動物占い:チーター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



カテゴリ

今日の村ニュース (45)
ホームステイ フォトギャラリー (27)
『うるねこ』 ~うるうい村のねこライフ~ (41)
モロッコ旅日記 (29)
ベルベル人がよくする100の質問 (35)
教えてMorocco (12)
お知らせ (13)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード



Copyright © うるういむらだより All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。