This Archive : 2010年01月11日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉を求めて400キロ ~メクネス1泊2日~

2010.01.11 *Mon
個人的なことであるが、私は焼き肉が大好きである。
OL時代、新宿の「じょじょえん」という高級焼肉屋に連れて行ってもらい、カルビのあまりの美味しさに涙を流しながら食べたこともある。

さて、「モロッコ」と「焼肉」で連想することは、なんといってもライード(犠牲祭)で食べるブロシェット(串焼肉)である。殺したての羊肉を一口大に切り、タマネギ、香草、クミン・こしょうなどを効かせて焼いたブロシェットは最高だ。

しかし、今回キャッチした情報によると、日本で一般的に言う、牛の「焼き肉」を食べられる店がメクネスにあるというのだ。モロッコでは、牛肉はタジンに入っていることが多く、基本「煮込み」である。焼き肉というのはあまり聞かない。

これはどうしても一度食べてみなければ・・・。


焼き肉を求め、メクネスに向かって出発するその日。
アトラス山脈に大雪が降り、途中の道が閉鎖されているという話だった。CTM(国営バス)は運休、しかし民営バスは動いていた。さすが民営、雪ごときであきらめないのである。

朝6時エルラシディア発の民営バスに乗り込み、いざアトラスを越える。冬の早朝ということもあり、暖房のないバスの中は冷え込みが激しく、まわりに座っているねずみ男達は、ちゃんと毛布を持参して頭からかぶって寝ている。移動の術はモロカンに習え、である。

ザイダの町で朝食休憩をとり、数キロ進んだところで、バスはいつもと違う道に入っていく。
やはり、主要幹線道路のミデルト-アズロ間が通れないのだ。
迂回路はブールメン経由。道幅はやや狭く、こちらもアトラス越えには代わりないが、すでに除雪車が入った後なのか、道に雪はない。途中、メクネス方面からエルラシディアに向かう民営バスと何度もすれ違う。

ブールメンのガソリンスタンドで給油。この時点で出発からすでに7時間が経過。ブールメンは以前、夏祭りのときに1度来ている。予期せず再びやってきたブールメン、せっかだからとブールメン在住の友人、Iさんに携帯メールで町にいることを知らせる。すると、すぐにガソリンスタンドまで出てきてくれた。5分ほど立ち話をしただけだったが、去り際にIさんのポケットからドラ焼きが出てくる。Iさんの手作りおやつをもらえるとは、なんともありがたい限りである。

その後、イフランを通過しアズロに出る。
数日前の寒波が過ぎたのか、雪ではなく雨がしとしと降り出していた。

そして16時、ようやくメクネスに到着。えらく長い道のりだった。
しかし焼き肉を食べるためには、必要な試練だったのかもしれない。

私の到着を見こして集まってくれたH氏、N姉さん、ユリコさんのメクネス軍団3人衆が、念願の焼き肉屋に案内してくれる。メクネス通の彼らは、すでにこの焼き肉屋には何度も来ていて、店の人とも顔見知りのようだ。

噂の焼き肉屋は、スーパーマーケット・ラベルヴィに近い、肉屋兼レストランだった。いつもなら店先で肉を炭火で焼いているらしいが、今日は雨のせいか炭火スタンドが出ていない。連休の最終日の夜で客足も少ない様子だ。店内は見た感じ、どこにでもある大衆食堂といったところだが、意外に広く、若いウェイトレス達(ウェイターではない)が働いている。

店に入ったら、まず注文から。レジのところにある大きな看板にメニューがある。勝手が分からないので、すべてメクネス軍団にお任せだ。

「じゃあ、肉1キロとタンジーヤ2つ」

これは強気な・・・。
4人でそんなに食べられるのだろうか。

「いや、意外と食べられますよ」
というH氏の言葉。肉は冷えるとあまり美味しくないので、少しずつ頼むのがポイントだとか。1キロが妥当かどうかは別にして、焼き肉の極意を心得ている。

席についてすぐに、ウェイトレスのお姉さんが、パンとつきだしのオリーブ2種を持ってくる。

「パンはお腹いっぱいになるから、食べないの」
N姉さんの言葉に従い、肉が来るまでオリーブだけで我慢。

最初にやってきたのはタンジーヤ。
タジン鍋に入った、肉。ソースに漬かっているだけで、それ以外の余計なものは一切ない。良く煮込んであるのかお肉が大変柔らかい。ソースも食べたくて、ついパンに手を出す。なかなかいける。

そうこうするうちに、お待ちかねの焼き肉が、大皿にてんこ盛りになってやってくる。
肉1キロを8枚にスライスしたものは、1枚1枚がかなり大きく、焼き肉というよりステーキに見える。香草・香辛料などをもみこんでしっかりと焼いてくれた感じで、香ばしい匂いがなんとも言えない。歯応えも味もしっかりしている。久々の焼き肉なので、一口、一口、味わって食べる。

先月、村人宅の結婚式で屠られた牛のことがふと思い出される。牛という原型からどんどん切り刻まれ、パーツになった肉のこれはどこの部分なのだろうかと。よく、屠殺現場を見るとお肉が食べられなくなるというが、牛も羊も鶏も、モロッコで見た光景にはまったく悲惨さがなく、むしろどの部分も無駄なく消費されることに感銘を受けた。残さず食べようと思えるのも、こういった過程をしっかり見たからだと思う。

いつもより若干固かったのか、
「今日のはちょっとスジがあるね」
と言うコメントも。しかし気がつくとメクネス軍団は、それぞれの持ち分をぺろりと平らげている。久しぶりの牛焼き肉に感無量だったせいか、遅れを取ってしまった私も、最初の心配をよそに、完食。お腹いっぱいになって、とても満ち足りた気分だった。

メクネスに行くならぜひ焼き肉を。
旅行者の方々にも、おすすめスポットの1つになった。

ちなみに、一人あたりの食事代は55dh(ミネラルウォーター代含む)。
この量でこの値段、妥当ではあるまいか。過去にバスで移動中、某サービスエリアで食べた肉より格段に安かったのは事実である。


100118 004
どーんと1キロ、ボリューム満点
パンには手をつけずあえて焼き肉のみで勝負すべし

100118 002
タンジーヤというマラケッシュの名物料理もここで食べられる
スポンサーサイト

プロフィール

カリマ

Author:カリマ
出身地:山口県
血液型:A
動物占い:チーター



カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最新記事



カテゴリ

今日の村ニュース (45)
ホームステイ フォトギャラリー (27)
『うるねこ』 ~うるうい村のねこライフ~ (41)
モロッコ旅日記 (29)
ベルベル人がよくする100の質問 (35)
教えてMorocco (12)
お知らせ (13)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード



Copyright © うるういむらだより All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。