This Archive : 2010年01月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生達がやってきた

2010.01.31 *Sun
モロッコで働く友人達がこぞって村にやってきた。
山の向こうから、近隣の町から、総勢9名。
うち4人が教師で、ちょうど学校の冬休みを利用してはるばるきてくれたのだ。
そのほか看護師、服飾の先生、青年の家の先生、女性組織の指導者など、バラエティ豊かな顔ぶれだ。
また、これに一般の日本人観光客も3名加わり、ウルウイ村の日本人密度が一気に増えた1日となった。

100131 021


村のアソシエーションを訪問。
日本人がぞろぞろとやってきたのを見て、何事かと沢山のギャラリー(集落の若者衆)が集まる。女性達がやる紙すきの様子を見学。手工芸品の販売も同時に行われた。普段観光客の来ない村なので、アソシエーションの建物の中でこうして実際に作った女性達の目の前で手工芸品が売れるのはめったにないことである。女性達の売り買いの勉強にもなった。

100131 025


そしてモロッコの田舎はどこでもだが、子どもが多い。
先生達は、村の子ども達を見るとつい近寄って行ってしまうようだ。古いタイヤで遊んでいる子どもに話しかける者あり、道端で遊んでいる子どもに手旗信号を教える者あり。休み中どこに行くでもなく過ごしている子ども達にとって、こういう新鮮な刺激があるのは良いことである。

100131 019  100131 033


また、友人達はほとんどがアラビア語がメインの地域に住んでいる。彼らの耳にウルウイ村で話されるベルベル語(タマジール方言)はどのように聞こえただろうか。一番遠くから来てくれたシシャウアの学校の先生は、あちらで話されているベルベル語(タシュルヘイツ方言/スース)とはやはり響きが違うと言っていた。


100131 038

夕方になって、友人のうち4人はバイクタクシーの荷台に揺られて帰って行き、残りの人達は村のベルベル人家庭へホームステイとなった。

貴重な休みを使って来てくれた皆に感謝するとともに、いつもは離れているけれど、同じ目的で来た仲間がこの国にいることの有り難さをしみじみと感じた。元気ももらえた。
スポンサーサイト

モロッコ人の笑い方についての考察

2010.01.27 *Wed
初めて聞いたときは驚いた。

これは笑い声だろうか。
口の奥、頬袋(があるなら)あたりから出ている「カッカッカッ」とも「ギッギッギッ」ともつかない音である。
しばらくこの国にいれば、こんな笑い方をするモロッコ人に必ず1人は会っているはずである。
もしかするとベルベル人特有なのだろうか。とにかく、私の周りには非常に割合が高い。

考えてみれば、モロッコの人で大口を開けて笑う人をあまり見ない。もちろん冗談を飛ばしあったり、面白い話をして笑う姿はしょっちゅう見るのだが、特に年輩の男性はそういう笑いのシチュエーションでも手放しで笑い転げるというのはなく、口で笑いながら目は相手をじっと見据えている。女性に関しては、だいたいすぐ手で口元を隠してしまう。

これは乾燥した砂漠気候と何か関連がある気がする。
CATEGRY : 教えてMorocco

バベル街道を行く 砂漠のオアシス・アルニフ

2010.01.25 *Mon
なにしろ空が広い

ティネリールに近いところでカスバ街道を外れ、南に進路を取る。
今回の旅の目的地はALNIF(アルニフ)である。

とにかくだだっぴろい、砂漠を感じさせる景色の中の一本道を車は走っていく。
同行者はネイマ、近所に住む同年代の女性である。

1001128 003  1001128 023

アルニフは、カスバ街道に平行して東西に走る幹線道路のちょうど中間地点にある。
映画「バベル」の舞台になったタザリンが近くにあり、東のメルズーガ砂漠と西のマアミド砂漠を結ぶルート上ということもあって、ツアーバスや観光客を乗せた四駆も頻繁に通るようだ。

町の中心部にはホテル、みやげ物屋、レストランが数軒並んでおり、昨年夏にできたばかりという大衆銀行もあった。ちょうどスークの日ということもあり、近隣の集落から人々を乗せたファルゴ(バン)が沢山行き来している。グルミマと同じく、タマジール方言を話すベルベルの人が住んでいるところなので、なんら違和感がない。しいて言えば、女性達の羽織るベルベルマントの刺繍や縁取りがグルミマのそれとは違うことだろうか。


スークに待機していたファルゴの1台、マガニヤ集落行きに乗り込む。
マガニヤ集落にはネイマの親戚、ママが住んでいて、今日はそのお宅に泊めてもらうことになっている。お土産にスークでオレンジを2kgほど購入しておく。

1001128 100    1001128 008


ファルゴで走ること15分。オアシスの村に到着。砂利道が続く何も無いところ、どんなに原始的な生活をしてるのだろうと思ったら、集落の中は意外とコンクリート作りの大きな家が多い。「海外に出稼ぎに行っている人がいるからね」というネイマの言葉に納得。


1001128 081


ママの家もコンクリート作りの豪華3階建て。ママのだんなさんは以前スペインに出稼ぎに行ったことがあるらしい。
玄関先では3人の若い娘達が毎日の日課である拭き掃除の最中。みんなママの娘達である。他に3歳の息子モハメッドと1歳3ヶ月の末娘ドニヤがおり、2人ともすでに村の託児所に通っている。

1001128 016 1001128 026


ちょうどママがパンを焼きに行くというのでついていく。
パン焼き場所は、家から少し離れた石作りの小屋の中。6家族で1つのかまどを共有。
鉄板の上に小石が沢山載せてあるのが面白い。焼いた後、パンの底面がでこぼこした正真正銘の石焼きパンである。ガスオーブンもあるけれど、モロッコの田舎ではかまどで焼くパンのほうが圧倒的に人気がある。


1001128 062   1001128 068
砂地にこんな不思議な植物も育っていた


夕方、畑へ家畜用の草を刈りに行く手伝いをした。
畑といっても土は殆ど砂っぽい。グルミマの泥土とはかなり様子が違う。ウマゴヤシのほかに、ソラマメ、グリンピース、にんじんなどが植えてある。小麦も取れるというが、収穫はあまり良くないらしい。ここ数年灌漑用の水が少なくなり、畑として使われていた場所が干からびてた土地が放棄されているところがあちらこちらにあった。農業をやろうとしても水の供給が不規則、となれば出稼ぎのほうがはるかに元が取れる。ここに住み続けて農業を営むのは現状ではなかなか難しいのかもしれない。

それでも緑のオアシス畑と遠くに見える山の景色がとてもきれいだった。

1001128 075



背後から忍び寄り

2010.01.24 *Sun
1001124 001

テラスで日向ぼっこ中のねこ発見。

食べ物をもらうとき以外人間に近づかないねこなので、
とりあえず気づかれないように、静かに寄ってみます。

1001124 005


もっと近くに。

1001124 007


おっと、ここでバレました。

1001124 008


次の瞬間、一目散に壁の向こうへ飛び降りて行ってしまいました。

夜真っ暗です。

2010.01.22 *Fri
ここ1週間ずっと、アイトクットウ集落の街灯がついていません。

ここで不思議なのは、停電はこの集落だけで、他の集落の街灯はついているのです。
また、家の中の明かりに関しては問題なく、ではなぜ街灯だけなのか、というところです。
役場に行って職員に聞いてみましたが、えっ?という感じで全く知らなかったようです。役場職員の多くはグルミマ市に住んでいるので無理もありませんが、停電の原因等については、役場長かグルミマ市にあるおおもとの電力会社に問い合わせてみないと分からないとのこと。これだけずっと集落内の街灯が停電なのに、村の人たちものんきです。とりあえずうちの中でテレビが見られるので、さして支障はないということでしょうか。

日が暮れると真っ暗になり、家の中からもれる明かりがないと、道を歩くのもそれこそ墨を塗ったように何も見えません。見上げると、空一面に無数の星が散らばっているのが分かります。
電気がなかった10年前、みんなこんなに沢山星を見ていたんだなあと、ちょっと昔に思いを馳せたりします。

昨夜からは月が出始めて、見える星数はだいぶ少なくなりましたが、再び街灯が灯るまで、しばし夜空を楽しみたいと思います。


プロフィール

カリマ

Author:カリマ
出身地:山口県
血液型:A
動物占い:チーター



カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最新記事



カテゴリ

今日の村ニュース (45)
ホームステイ フォトギャラリー (27)
『うるねこ』 ~うるうい村のねこライフ~ (41)
モロッコ旅日記 (29)
ベルベル人がよくする100の質問 (35)
教えてMorocco (12)
お知らせ (13)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード



Copyright © うるういむらだより All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。