This Archive : 2009年08月18日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福の谷経由秘境トレッキング (8月15日~18日)

2009.08.18 *Tue

あなたはモロッコの山奥に、「幸福の谷」と呼ばれる場所があるのをご存知ですか?


『この夏、ベルベル語オンリーの場所を訪れてみたい』

そんな思いでふらりとでかけた今回の一人旅。
旅の途中、初めて耳にした」「Happy Valley(幸福の谷)」と呼ばれる場所は、ベルベルの人々が住むアトラス山脈の奥深くにありました。

090822 258

山、また山の道をグランタクシーで奥へ奥へ。
谷間にぽつぽつと集落が見えてきました。

村に着くと、ちょうどロバを使った昔ながらの小麦脱穀作業が行われていました。広場の中心に杭が一本ありそこに繋がれたロバが地面敷き詰められた小麦の穂を踏みながらぐるぐると回っていて、なんとものどかな光景です。

道行く人にベルベル語で話しかけると、

「スンツタシュルヘイツ?(ベルベル語を話せるのか?)」

と、驚いたように足を止め、人懐っこい笑みを浮かべて尋ねてきます。

この村の人々は、ベルベル語の中でも、ウルウイ村と同じ「タマジール方言」を話します。
しかしこうやって改めて注意して聞くと、ウルウイ村のベルベル語には、なにげにアラビア語が沢山混じっていることに気づかされます。交通の不便な山奥と違い、古くから交易の盛んなカスバ街道の近くに位置しているからでしょうか。

100%ピュアな(それに近い)タマジール方言に触れたいなら、不便は覚悟で山奥へ行くべし。


『アイト・ブグンメス』

別称、幸福の谷。

もし地図で見つけられたら、ぜひ足を運んでみてください。
ワンフレーズでもベルベル語を覚えていけば、「おっ、ベルベル語を話せるのかい?」と、人々の表情がきっと変わるはず。



スポンサーサイト

プロフィール

カリマ

Author:カリマ
出身地:山口県
血液型:A
動物占い:チーター



カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



カテゴリ

今日の村ニュース (45)
ホームステイ フォトギャラリー (27)
『うるねこ』 ~うるうい村のねこライフ~ (41)
モロッコ旅日記 (29)
ベルベル人がよくする100の質問 (35)
教えてMorocco (12)
お知らせ (13)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード



Copyright © うるういむらだより All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。