This Archive : 2009年06月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモメの町へ (エッサウィラ) 6月29日~30日

2009.06.30 *Tue
砂漠にはラクダが似合うように、
港町にはカモメが似合う。

しかし、エッサウィラのカモメは若干大きい気がする。
しばらくぶりにカモメを見るのでそう感じるだけかもしれないが。


       090701 028


お友達のユリコさんとNさんと、3人でやってきた初エッサウィラ。


白い壁に映える青空がまぶしい。
いや、青空に白い壁が映えているのか。
どの路地を歩いても、写真を撮りたいような何かが見つかる。
町外れに近いところにあった半壊した建物も、フランス人ぽい観光客の一団が興味深げに見上げているので、何か由緒ある場所なのかと思いつい写真に納めてしまったが、あとでチェックしてみると意外に絵になっているのである。

090701 049 090701 039 090701 071 


お昼は港に近い屋台で海鮮物のアラカルト。
観光客には明らかに値段をぼってくる呼び込み役のお兄さん。
交渉の末、200dhで手を打ったもののやはり高かった感あり。

「このまま逃げようか」
食べ終わったあと、ユリコさんと冗談交じりの会話。
良く見ると、店の規模に対して店員(すべて青年期の男性)の数が異様に多い。
実際にこのまま食い逃げする客がいて、それを追っかける役が必要だからかもしれないと、妙に納得する。


食後にはアイスクリームだね、と言いながらアイスクリーム屋を探していたつもりが、いつの間にか買い物モードに。通りに軒を連ねるお土産屋さんはどこも品揃え豊富。つい立ち止まって、物色して、試着して、店員と値段交渉して・・とするうちに時間はあっという間に過ぎていく。


夕刻、日が沈むところを眺めようと、展望台へ。

すでに多く観光客が待機しているように、等間隔で並んだ城壁のくぼみのところによじ登る。海から吹き上げる風はすでに涼しいを通り越して冷たい。展望台の一角では、昨日まであったギナワ(音楽)フェスティバルの名残りか、頭髪が藻のようになったヒッピーの若者達が弾き語りをしている。

そんな中、太陽はゆっくりと彼方の海に落ちていく。
この国はどこにいても夕日が美しい、と常々思っていたけれどここエッサウィラもそのとおり。
やさしい色の空のグラデーションとあいまって、夕日がなんと穏やかに見えることか。
考えてみれば生まれてこのかた、これほどしっかりと太陽が海に沈むのを見た記憶がない。
期せず遭遇した、自然からの贈り物であった。

090701 059   090701 073



★インフォメーション★

~エッサウィラへのアクセス~
アガディールからCTMで3時間 70dh

エッサウィラのホテル
Riad Al Khansaa (リヤド・アルカンサ)
3人部屋 (ネット予約にて) 1130dh  ※今回は思いきってバスタブ付のラグジュアリーな部屋に泊まりました。お部屋も素敵だったけど、屋上のテラスもくつろげるようになっていて、1泊しかできなかったのが残念。

090701 037


ネット予約サイト: http://www.odicy.com


スポンサーサイト

No.15 お茶おいしい?

2009.06.29 *Mon
お宅によばれて、まず一杯。
もちろんお酒ではなく、ここでは必ずお茶。(ホットで)

おもてなしに欠かせないお茶は家庭によって味も微妙に違うけれど、
田舎のお茶は日本人にはちょっとヘビーな砂糖たっぷりの激甘ティー。

お茶を入れてくれたお母さんが笑顔でこう訊きます。

「お茶、おいしい?」

「イス イヘラ ゥアテイ?」


甘すぎだよ、と時に思いつつも

「おいしい」

「イヘラ」

と言ってしまいがち。

すると、やっと飲み終わったグラスに2杯目がなみなみつがれます。

海辺のリゾートタウン (アガディール)

2009.06.28 *Sun

「ハワイみたい」

アガディールに着いての第一声。
(注:ハワイに行ったことのない、Nさんと私のコメント)

海岸にずらっと並んだリゾートホテル、シーフード料理のレストラン、トロピカルなフルーツジュース屋さんにアイスクリーム屋。

いつも見慣れた砂漠の世界とは違って、見るものすべてがビビッド。
モロッコらしからぬ光景に少し戸惑ってしまいました。

まずはチューチュートレイン(Nさん命名)で町全体をまわってみました。
子供だましではない、ちゃんと屋根のついたストリートカーは乗車時間約15分。
車道を走るので結構スピードもあり、ぜひグルミマにも欲しいところです。

090701 007

ビーチには無数のパラソルの花が咲いて。

090701 014

潮風に吹かれながら、レストランの2階テラスでお食事。


今回の目玉は、このアガディールの養護学校で働くTさんの、学期末イベントを見学すること。
毎年恒例のこの行事、今年はいろいろ大変な中(Tさん談)、地元のボーイスカウト・ガールスカウトのヘルプもあり、去年以上の来場者だったらしく大変盛り上がりました。養護学校の生徒の中にはダンスや歌が好きな子も多いらしく、ストーリー性のある振り付けをしっかり練習してきた様子が伺えました。浴衣姿で舞台に立ったTさん、彼女が指導した日本の歌やフエの合奏も素晴らしかったです。


090701 017
イベントの会場となったホテル・アルモガルのプライベートガーデン。腕のいい庭師がいるのか、木を剪定して作られた「WELCOME」の文字、他にも庭のあちこちに木の作品があってかなりの凝りよう。


昼間のイベントで疲れているにもかかわらず、夜は自宅でハヤシライスをご馳走してくれたTさん。
2泊させてもらったあいだ、アガディール産の新鮮なお魚も食卓に並び、お腹の調子が悪いといいながらもついつい箸がすすんでしまいました。
ご好意に甘え、洗濯もやってもらい、夜は寝室のベッドもお借りするなど、本当に良くしていただきました。

ありがとうございました!


090701 030
 夕暮れ時のアガディール
 (Tさん宅近くの交差点にて)


★インフォメーション★

アガディール
マラケシュからCTMで4時間弱。料金105dh。

ホテル
泊まっていないけれど、上記ホテル・アルモガルは広大な敷地内にヴィラタイプのお部屋が沢山ある。海沿いのレストラン・おみやげ街にも近い。プライベートガーデン内に2つのプールあり。テニスコートもあるみたい。

ホテルのサイト
http://www.hotelclubalmoggar.com/


トゥブカル山アタック 6月23日~26日

2009.06.26 *Fri
富士山よりも高い山、トゥブカルへ


モロッコに標高4167mの山があるという。
これは是非登ってみなければ・・。


[1日目]

北アフリカ最高峰のトゥブカル山へのアタックは、マラケシュからスタート。
朝9時。フナ広場に近いホテル・アリに集合。今回のガイドであるハッサンは、K女史が以前参加したツアーにアテンドしたベテランガイド。何かと気が利くし、時間にもきっちり。今日もすでにお待ちかねの様子。それぞれペットボトルの水を買って送迎用のバンに乗り込む。


今回のトゥブカル・アタックメンバー(4名)

K女史(女)・・・登山歴約2~3年、マレーシアのコタキナバル山へ登頂経験あり。国内でも九州の山は制覇済み。モロッコでも早朝ウォーキング、自転車通勤などで足腰を鍛えるスポーティー派。
・ムサ氏(男)・・・山登りは社会人になってから。日本の北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山に登頂。日本でもモロッコでも山に囲まれて暮らす異色のマルチ系アーティスト。
・ユリコさん(女)・・・幼少の頃より、家族で日本国内の山に登ることを趣味とし、山小屋宿泊も経験。その登山の様子を雑誌「山と渓谷」に掲載されたことも。登頂メンバー中、最年少のダークホース。
・カリマ(私)・・・国内は石鎚山、立山(剣岳)、海外ではチリのビジャリカ山へ登頂。過去に訪れた中南米、ニュージーランドではトレッキングが主。チリ北部では自身最高の標高4700mを体験。


マラケシュから登山口の村、イムリルへ

1時間後、イムリルに到着。標高1740m。
一昨年の大晦日に初めてイムリルを訪れた時は、マラケシュからの日帰りだった。イムリルの村から雪をかぶった山を眺め、お昼御飯を食べてグラタクで帰った。
今回は3泊4日のガイド付き登山。気合いの入り方が違うのである。

090701 004


本日のノルマはイムリルから、アラムド(標高約1900m)という1泊目宿泊予定の村までのミニ・トレッキング。
トゥブカル登頂を前に、高山病にかからないよう少しずつ標高を上げ、若干の足慣らしをするといったところだ。荷物はロバが運んでくれるというので、軽装になっていざ出発。
ここで、ガイドはハッサンからアブラヒムにバトンタッチ。現在ガイドとしてトレーニング中のような、いまどきの若者だ。若干頼りないが、履いている靴が質の高い舶来物と見るとかなり山には登っている様子。
5人が列になって、山間に広がるイムリルの集落を見下ろしながら、比較的なだらかな山の斜面(途中、土砂崩れで道なき道もあり)を越えていく。

090701 009


そうして1日目の宿「GITE D'ETAPE」に到着。

K女史が以前ツアーで利用したこの宿は、その後改築がなされてさらに客室も増えて、小奇麗になったとのこと。シーズンオフ中のためか、利用客は我々とイギリス人グループの3人のみ。ツーリストでごった返しているよりも、静かで落ち着けるこの時期に来て正解だったと思う。

すぐに昼ごはんが出てきたが、大皿に盛られたサラダにはあろうことかドレッシングがまったくかかっていない。続いて運ばれてきたマカロニも、ただ湯がいただけで味がせず。荷物運び担当の村の若い男性が作るこの食事、ヨーロッパ人の好みを意識したメニューなのかもしれないが、さんざんモロッコ料理で舌を肥やした我々には納得がいくはずがない。


ここでムサ氏が立ち上がる。
出された料理をいったん台所に戻し、料理番の男性の許可をもらってさらに手を加える。
アルバイト時代、日本料理屋の厨房で振るった腕前で、限られた調味料を使って野菜とマカロニのほかほかソテーへ。格段においしくなった昼食を夢中でかきこむ女性陣。料理の上手な登山仲間がいるのはなんとラッキーな事か。(実際このあと何度か、同じ事が起こるのであった。)



090701 015


午後は休息の時間、ということで宿のテラスでのんびり午後のお茶を飲む。
晴れていた天気が徐々に崩れ始めた。山の向こうから黒い雲がどんどんやってくる。
と、急ににわか雨が降り始める。私以外の3人は宿のテラスに干していた洗濯物を急いで取り込む。陽は差しているのに、断続的に雨降りになる。山の天気は変わりやすいのだ。

明日はどんな天気になるだろう。

夜は早々に夕食が出て、1日目は滞りなく終了。
寝る前に「山渓」のバックナンバー、植村直己特集をまわし読みした。いやがおうにも山登り気分は高まってくる。彼の世界に私たちは近づきつつあるのだ。
COMMENT : 2

ここまで来れる?

2009.06.23 *Tue
昔ながらのかまどのある土間。
袋小路に追い詰めたと思ったら、かまどを足場にひょいと塀を登って行く身軽さ。
この塀の向こうは家畜小屋です。

090617 017
COMMENT : 0

プロフィール

カリマ

Author:カリマ
出身地:山口県
血液型:A
動物占い:チーター



カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



最新記事



カテゴリ

今日の村ニュース (45)
ホームステイ フォトギャラリー (27)
『うるねこ』 ~うるうい村のねこライフ~ (41)
モロッコ旅日記 (29)
ベルベル人がよくする100の質問 (35)
教えてMorocco (12)
お知らせ (13)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード



Copyright © うるういむらだより All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。