This Archive : 2009年05月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷静と情熱の赤いマラケシュ 5月24日~26日

2009.05.26 *Tue
モロッコに来て3度目のマラケシュ。

今回のメインイベントはなんと言ってもクトゥビア見学。
クトゥビアは、かつてモスクとセットで建てられた塔(ミナレット)の部分で、高さ77m。メディナに近い道路沿いの広場にあり、マラケシュのランドマークタワーと呼ぶにふさわしい建築物。

一般には非公開であるこのクトゥビア内部に今回入れる事になったのは、文化省の歴史建造物部門マラケシュ支局に配属されている建築専門のCさんの口利きがあってのこと。エルラシディアから10時間、夜行バスを乗り継いでもはるばる見に行く価値はある!と、マラケシュ行きを決行したのでした。


コピー ~ 0900527 032
この入り口の鍵を開けてもらっていざクトゥビア内部へ。


入ってすぐの1階部分には、アザーン(お祈り)の放送をする小部屋が。壁のあちこちにかけてある時計、数えてみると5つ!マイクの前には1日5回、日の出・日の入りの時間によって生じるずれを考慮して〇時〇分までちゃんと書かれた1か月分の放送時刻表がありました。電車やバスが時刻通りに来ないのはありえても、お祈りの放送時間はきっちり厳守のようです。


0900527 036



ここからは、角柱の塔にそって直角に折れ曲がったゆるやかな坂を登っていきます。
と、ふとデジャ・ヴにおそわれました。

「以前にも似たようなところを登った気が・・・・」

そう、去年7月に訪れたスペインのセビリアにあるヒラルダの塔です。
外から見た塔の形といい、内部のゆるやかな坂といい、造りがとてもよく似ているのです。
ヒラルダの塔は、セビリアの観光名所の1つ、カテドラルの隣にあって、現在はキリスト教的建築が融合していると聞いたけれど、イスラム教徒がこの地を支配していた当時は生粋のミナレットだったはず。 

なるほど、こういうふうにつながっているのか・・・、歴史を感じさせられた一瞬でした。


0900527 035     CIMG7731.jpg
地上から見た塔の外観  
(左)マラケシュのクトゥビア  (右)セビリアのヒラルダ 



0900527 023     CIMG7739.jpg
内部の坂の部分 (左)クトゥビア  (右)ヒラルダ



0900527 038     CIMG7743.jpg   
塔の上部、テラス部分 
(左)スピーカーが備え付けられたクトゥビア  (右)鐘が備え付けられたヒラルダ



長い坂を登りきると、4方を見渡せるテラスに出ます。
ジャマ・エル・フナ広場とメディナの方角は、上から見るとこんな感じ。
やさしい赤茶色の壁で統一された建物と、フナ広場のオープンスペースには今日も人がいっぱい(日が暮れるともっと活気が出るはず)、さすが世界遺産です。
コピー ~ 0900527 037


ちなみにこちらはセビリアのヒラルダから見た眺め。壁の色は違うけれど、細い路地と不規則な形の建物、ちょとモロッコぽくないですか?
CIMG7745.jpg


クトゥビアからの眺めは最高だし、歴史的建造物として内部に興味を持つ人もたくさんいるはず。セビリアのヒラルダの塔のように、どうして一般公開しないのかしら?
Cさんに聞いたところによると、以前は登れていたけど人が落ちたことがあって公開をしなくなったのだそうです。つくづく残念、いつかまた一般公開されるようになることを祈りつつ。

約1時間、自由に中を見学させてもらい、写真もしっかり撮って管理人のおじさんにお礼を言ってクトゥビアをあとにしました。案内役のCさんにも、貴重な体験をさせてくれた事に感謝です!



No.10 結婚してるの?

2009.05.24 *Sun
No,9 と並んで、女性に対する質問で大変ポピュラーなもの。
プライベートな質問だけに、初対面の人や大してよく知らない人から聞かれてうざったく感じる事もしばしば。


「結婚してるの?」

「イス トゥウルド ミッド オホー?」


これに対する返事は、

結婚している場合、「はい、結婚しています。」

「ウウラ」

していない場合、「いいえ」

「ウルタ」

もしくは、「まだです」

「イスル」

で答えます。
いづれの返事でも、ほぼ間違いなく新たな質問がくると覚悟のほどを。


ルピン、再び登場

2009.05.23 *Sat
店主のパパが大好きなカフェネコ、ルピンです。

最近めっきり暑くなりました。
日中の日差しも強く、涼しい日陰を探すのも一苦労。


0812 029
カフェが閉まっているときは、カフェの椅子に座って昼寝します。


090225 008
でも時々、床でも寝ます。



小麦の収穫シーズン到来!

2009.05.22 *Fri
去年も5月下旬に始まった小麦の収穫。
今年もやってきました。

春先、緑のじゅうたんだった畑はすでに黄金色に。
同じ畑にまばらに生えているナツメヤシやオリーブの木の根元を隠し、初夏の風に穂がゆれる。
完熟前の実を摘んで食べるのはスズメと学校帰りの子ども達。
なんとなく、日本の稲刈り時期を思わせるこの風景。

0900523 014


小麦収穫は女性達の仕事。
1つの家族が持つ小麦畑は村のあちこちに点在して、そこの女性達だけでは刈りきれないこともしばしば。
親戚からもお手伝いがやってきます。
日中の強烈な日差しを避けるため、朝5時には起き出して涼しいうちに畑に向かいます。

刈り取りに使うのはこの専用カマ。家畜用のウマゴヤシを刈るカマよりも弧が深くて長い。内側にぎざぎざがついているところが日本のカマと異なります。北部ナドールで買い求めたそうです。

0900523 015


横一列にならんで刈り始めると、誰からともなく(多分一番声に自信がある人?)歌を歌い始めます。

かけ声調になっており、ワンフレーズ歌うと、残りの女性達が同じメロディーで違う歌詞をあとに続けて歌います。日本でも「田植え歌」というのがあったはず。こちらは「麦刈り歌」です。ベルベル語なのでなんて歌っているのかはっきり分からないけれど、時々「収穫」という単語が聞こえてきます。

0900523 012


一仕事終えた頃、家事担当の女性(子どもだったり)が、朝食を持ってきます。
バスケットに入っているのは焼きたての釜焼きパンと、お茶セット。
ナツメヤシの木陰に腰を下ろして、みんなでわいわい言いながら甘いお茶とパンをほおばります。
その間、畑道を通りかかる人達にも、「パン食べていきなさいよ」「ちょっとお茶飲んでいきなさいよ」とまるで普通の挨拶のように声をかけます。


0900528 012


小麦を刈り取ったあとは、適当な大きさに束ねておくのも小麦収穫の大切な行程。
各集落の広場に集められ、脱穀機が到着するまで日なた干しにします。


0900528 002


こちらは仮設テント。
大切な小麦を干している間、誰かが盗んでいったり、不注意な人がタバコをポイ捨てして火事になったりしないように、昼夜見張り番をするところです。


0900528 004



No.9 何歳?

2009.05.21 *Thu
女性に対して圧倒的に多いこの質問。
単なる好奇心だけではなく、「あわよくば自分と(自分の息子や兄弟と)結婚できるかな?」という探りも含まれている気がします。
実際、このあとに結婚に関する質問が続くこともしばしば。とはいえ、本気モードの人はたぶん少数派。単なる社交辞令で言っている場合もあるでしょう。


「何歳?」

「ムシュタ ヌ ウスグァス?」

あるいは、

「シュハル ヌ ウスグァス ホールム?」(ア&ベ混合)

「シュハルアーム?」(ア)

といった言い方もあります。


プロフィール

カリマ

Author:カリマ
出身地:山口県
血液型:A
動物占い:チーター



カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最新記事



カテゴリ

今日の村ニュース (45)
ホームステイ フォトギャラリー (27)
『うるねこ』 ~うるうい村のねこライフ~ (41)
モロッコ旅日記 (29)
ベルベル人がよくする100の質問 (35)
教えてMorocco (12)
お知らせ (13)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード



Copyright © うるういむらだより All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。